FC2ブログ

イラストレーター福士悦子のブログ"little shop"blog リスなどの動物・ぬいぐるみ・キャラクター・雑貨

イラストレーター福士悦子のイラストや雑貨を紹介するブログです。動物やキャラクターのイラストのほか、"little shop"として、シマリスを中心とした動物のぬいぐるみや雑貨を個展やイベントにて発表しています。集めているリス・グッズや趣味のアートイベント・展覧会巡りなど日常のことなども。HP: http://little-shop.net

【映画】『小さな世界はワンダーランド』は、シマリスが主役!

今年の5/9(土)から公開予定の『小さな世界はワンダーランド』という映画は、
なんとシマリスとネズミが主役だそうです!
0020150311-tinygiants05_v.jpg
『アース』『ライフ-いのちをつなぐ物語-』『ネイチャー』などの大自然を描いた
ドキュメンタリー作品を手掛けてきたBBCアースが、ピクサーとタッグを組んで生み出した
新ジャンル「ドラマチック・ドキュメンタリー」の第1弾。
5月9日からTOHOシネマズ新宿ほか全国で順次公開だそうです。

リスが主役の映画というと、チップ&デールのものは古くからありますが、
他は『アルビン/歌うシマリス3兄弟 』くらいでしょうか?

スチュアート・リトル』も、げっ歯目好きにはたまらない映画ですが、ネズミですね。

『チャーリーとチョコレート工場』もリスが活躍しますが主役ではないし、
とにかく珍しい気がしました。
「ニモ」でカクレクマノミがブームになったように、シマリスに注目が集まっちゃうかも!
ブームで乱獲とかきちんと飼わない人が増えたら困りますが、
映画を通じて、シマリスの生態や可愛らしさが伝わるならば良いですよね。

小さな世界はワンダーランド』公式サイトでは動画が公開されていて、期待が高まります。

最初に動画や宣材写真を見た時、ピクサー作品という事はシマリスはCGなのかな?
というのが疑問でした。

先日、朝の情報番組「Zip!」で、撮影風景が少し公開されていました。
森の中で小道具などをセッティングして、本物のシマリスで撮影しているようでした。
カメラマンなどの撮影クルーが囲んでいる様子の紹介では、リスは小さいから見えずらく、
別カットで、こんな場面を撮影してました、というのが映りました。

まさかの実写、『子猫物語』方式!?(例えが古いですが...笑。)

『チャーリーとチョコレート工場』も、リスの場面は本物のリスを調教したそうです。
一部はCGのようですが、やはり本物を使った方が迫力があるからとの話でした。

とはいえ、全編シマリスが出演してるとなると完全に調教するのは難しそうなのと、
猛禽類が登場するらしく、危険な場面もありそうなので、
ドキュメンタリーとCGの融合という感じなのかも知れないですね。

本編も勿論楽しみですが、メイキング映像などあれば、ぜひ観たいです。

関連グッズなども気になるところですね。
リスグッズを出そうとしてるメーカーさん、ここに「シマリス作家」がいますよ!(笑)
ご依頼ご相談など、お待ちしております♪

リス好きの皆さんと一緒に、ワクワクと公開を待っています!
_______________
Instagram インスタグラムでも、リスのイラスト等を公開しはじめました。
fukushi__risuで登録しています。
Instagram を利用されている方は、こちらも覗いてみてくださいね。
_______________
第42回「にじいろ市」に参加します。
日時: 4月4日(土) 11:00~16:00  
(雨天決行:屋根つきの会場なので、雨でも傘をささずに楽しんでいただけます)
場所: 「Gallery&Cafe FIND」外ガレージ
住所: 東京都北区上十条2-9-1 (埼京線 十条駅から徒歩5分)
_______________
リスのLINEスタンプ、発売されました。「ハッピーなリスくんとリスちゃんのスタンプ
詳しい情報は、こちらの日記に。
_______________
●ソーシャルマーケット Creema (クリーマ) に出品。
"little shop"のページは、こちら。 
絵本、写真集、ポーチ、スケッチ原画など。
_______________
●「dクリエイターズ」は、5/16にグランドオープンした、ドコモの雑貨系SNS。

"little shop"のページは、こちらです。
_______________
●手作り雑貨のSNS ハンズ・ギャラリーマーケット
"little shop"のページは、こちらです。
_______________
ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
にほんブログ村     
  1. 2015/04/01(水) 23:41:33|
  2. シマリスの話。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1/21は、『リスの日』です。

1/21は、『リスの日』だそうです。

元々は、アメリカで始まった記念日だそうです。
『risu cafe 3』ゲスト作家でもある、高道まきこさんのブログに、詳しい説明があります。
(私自身も、まきこさんに教えていただいて、リスの日がある事を知りました。)

身近な自然の中や民家の近くでリスが暮らしている分、
害獣扱いされる事もあるような環境で、
この日は、リスに理解を示す、感謝する、という趣旨だそうです。

日本では、まだ定着していない記念日なのと、
国内ではリスが身近にいる環境は少ない為、
まきこさんは、Twitter上にリスの写真をアップする、という
リスの日の過ごし方を提案してくださり、多くのリス好きさんが賛同していました。

Twitterを使用されている方は、ハッシュタグ #リスの日 で検索すると、
皆さんがアップした、いろいろなリスの画像が見られると思います。
(極端に日にちが経ってしまいますと、検索しずらくなる可能性があります。)

私がTwitterに載せた画像は、こちらにも掲載してみますね。
以前、一緒に暮らしていたリスを、2006年~2007年に撮影したものです。

00IMG_9383コタ
おむすびみたいな顔の、コタロー。

IMG_8781コム
巣箱から、コンニチハ。リスのコムギ。

00IMG_5566コタ
ポケットから、ひょっこり顔を出す、コタロー。

『リスの日』をキッカケに、より多くの皆さんに、
リスへの親しみを持って頂けたら、嬉しく思います。

_______________
●ソーシャルマーケット Creema (クリーマ) に出品。
"little shop"のページは、こちら。 
絵本、写真集、ポーチ、スケッチ原画など。

*新作などを少しずつアップしています。1/13・16・18に雑貨、1/14に原画を追加しました。
_______________
●「dクリエイターズ」は、5/16にグランドオープンした、ドコモの雑貨系SNS。

"little shop"のページは、こちらです。
_______________
●手作り雑貨のSNS「DAN-TE」は、
ハンズ・ギャラリーマーケット」と名を改めまして株式会社東急ハンズの運営となりました。
新しい"little shop"のページは、こちらです。
_______________

"little shop"の次回イベント参加は、2月後半からの予定です。
1月中は、取り扱い店舗または、WEB SHOPをお楽しみくださいませ。

*WEB SHOPは、2月のイベント直前~開催中になりますと、品薄になったり、
出荷が遅くなる可能性が高いです。予めご了承くださいませ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1/14から、「LOFT&」の7階のアートフロア内、
100種、100組、100円からアートが買える「HYACRE」というコーナーで、
"little shop"のグッズ、、100円のポストカード、200円のステッカー、
300円のバッジ各1種の販売が開始されました。

「LOFT&」
住所:〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町21-1
西武渋谷店モヴィーダ館6・7階 電話:03-3462-3838
営業時間:午前10時~午後9時
_______________
ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
にほんブログ村     
  1. 2014/01/21(火) 23:36:34|
  2. シマリスの話。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オホーツク シマリス公園 (5)リス写真集。

6/24(月)~26(水)に北海道網走市の「オホーツク シマリス公園」に行ってきました。
まだ日記は、続いています。



シマリスの写真。
リスと遊んだり、眺める事に夢中になっていたり、
リスにエサをあげていると手が塞がっていて、撮りにくい時もありましたが、
写真を整理してみると、けっこう撮っていました。

00IMG_8742kezu.jpg
リスの毛づくろい。

00IMG_8746kezu.jpg
体がやわらかいんです。猫の動きにも似ていますね。

00IMG_8748kezu.jpg
毛づくろいが終わったら、のんびり。

00IMG_8764tabe.jpg
ひまわりの種。

00IMG_8763sita.jpg
どんどん頬袋に入れます。

00IMG_3019hana.jpg
鼻が黒い子も。たまに、こういう個体がいるようです。

00785285073mizu.jpg
このリスはエサを持っていなくても寄ってきて、
肩の上で遊んだりするほど、人慣れしていました。

00IMG_3042mizu.jpg
好奇心いっぱいの目。水道の近くがお気に入りの場所です。

リス園の周辺には、野生のエゾリスもたくさんいるようです。
00IMG_3109ezo.jpg
リス園の入り口付近。

00IMG_3122ezo.jpg
カフェの横等で、エゾリスの餌付けをしているそうです。

エサがないと、エサが豊富なリス園の中に入ってきてしまうので、
あえて、リス園の外にも、エサを置いているそうです。

都内でいうと猫が通りかかるみたいに、自然にエゾリスが走っているので、
驚きました。

リス園の近く、網走湖畔では鶴も見かけたり、自然が豊かな場所です。



00784982967coffee.jpg
シマリス公園の最寄りの呼人駅周辺については、前の日記で書きましたが、
お友達から質問があったので、宿泊した網走駅付近についても書いてみます。

網走駅は、呼人より大きな駅なので、駅のすぐ横にコンビニエンスストア、
大通り沿いに、ビジネスホテル数軒や、飲食店があります。

飲食店は、ハンバーグ中心のファミリーレストラン、チェーンの牛丼屋、
個人店と思われるレストランなどがありました。

まったくお店がない訳ではありませんが、観光地にしては落ち着いた駅前かも知れません。

ホテルとコンビニとチェーン店があるので、困る事はありませんが、
地元の海産物などが食べられるお店は、駅前には見あたらなかったので、
食べ歩きをしたい人は、車で移動した方が良さそうです。

網走駅前から女満別空港へはバスも出ているので、空港からのアクセスは良いです。
_______________
●「dクリエイターズ」は、5/16にグランドオープンした、ドコモの雑貨系SNS。

"little shop"のページは、こちらです。
_______________
●手作り雑貨のSNS「DAN-TE」は、4月1日より
ハンズ・ギャラリーマーケット」と名を改めまして株式会社東急ハンズの運営となりました。
新しい"little shop"のページは、こちらです。
_______________
●ソーシャルマーケット Creema (クリーマ) に出品。
"little shop"のページは、こちら。 
絵本、写真集、ポーチ、スケッチ原画など。
***新作を少しずつ追加していますので、覗いてみてくださいね。
_______________

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
にほんブログ村

テーマ:北海道 - ジャンル:地域情報

  1. 2013/07/09(火) 23:35:39|
  2. シマリスの話。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オホーツク シマリス公園 (4)園内の様子。

6/24(月)~26(水)に北海道網走市の「オホーツク シマリス公園」に行ってきました。
日記の続きです。
公式サイト等がなく、お友達に会うと「シマリス公園、どんなだった?」と聞かれるので、
園内の様子を詳しく書いてみますね。

網走湖畔にある施設は「オホーツク シマリス公園」という名前で、
市営などの公共の施設ではなく、個人経営だそうです。
敷地内には宿泊出来るログハウス数軒と、「ログハウスカフェ 夕陽の家」*1があります。

周囲には、まったく建物がない訳ではないですが、
徒歩圏内に別の宿泊施設やお店はないので、静かな印象です。

元々網走に代々の土地があり、海外留学経験のあるオーナーさんが、
宿泊設備のログハウスを経営。
1991年に、ご家族とお手伝いのスタッフでカフェも始めて。
リス園は2003年に、オーナーのご家族がリス好きだった事もあり、作ったそうです。
(余談ですが、"little shop"も2003年から始めたので、奇遇ですね~。)

私が今までお邪魔した事のあるリス園は、県や市の施設がほとんどですが、
個人経営と伺ってビックリしたくらい、立派な設備です。

00IMG_3092open.jpg
リス園のオープン時間は朝の10時から、夕方の4時までです。

00IMG_2990log.jpg
オープン時期は、5月上旬から10月上旬。シマリスが冬眠してしまう為です。

00IMG_2991tate.jpg
入り口付近には、丁寧な注意書きがいくつかあります。
初めて来園のお客様には、口頭でのしっかりとした説明もあります。

00IMG_3118log.jpg
リス園入り口。ログハウスの売店が手前にあり、売店の奥に扉があります。

リスはすばしっこいので、扉が2重になっているのは、他のリス園でもそうですが。
オホーツクシマリス公園さんでは、
売店の扉(網戸付きで基本的には締めてある)、売店奥のリス園入り口、
その奥にも脱走防止に2枚の扉と、計4枚の扉で、かなり厳重になっています。

扉を開ける際にも、リスが入ってこないように注意して、ようやく中へ。

00IMG_2994all.jpg
歩き回れる、リスが住む大きな囲いの中に、人が入っていくイメージです。
草木や土や石で、自然に近い雰囲気を再現しつつ、綺麗に整備された空間です。
草の手入れはもちろん、土の成分を調整したり、切り株などが傷んだら取り替えたり、
落ち葉や小さな枯れ枝などもお子様の安全の為に拾ったり、台風がきたら破損箇所を直したり、
日々のメンテナンスが大変だそうです。

周囲に高い囲いがあるのはもちろん、
リスは地面を掘るし、キツネなどの外敵も地面を掘るので、
地面の中にも、囲いや金網が入っていて、脱走・外敵対策がしてあります。
猛禽類も多いそうで、高い天井には、金網が張ってあります。

写真の、木の杭の仕切りの向こうは、リスの巣穴がある為、立ち入り禁止です。
園内には通路やベンチがあって、自由に行き来できますが、
リスの安全のために、立ち入り禁止区域が、しっかりと設けてあります。

00IMG_3002all.jpg
全体の規模は、「公園というからもっと広いかと思った」とおっしゃる方も、
たまにいるそうですが、都会の小さな公園よりは大きな面積ですし、
メンテナンスやリスに目が届く事を考えると、広い空間という風に感じました。

上の写真に、日よけのパラソルやお客様がちらりと見えて、
写っているのは、公園のごく一部という事で、多少はスケール感が伝わるでしょうか?

脱走防止策や設備は、他のリス園でも見られるものが多いですが、
公共の施設ではなくて、オーナーご一家が作られたというのは、すごい事だと思いました。

ちなみに、スタッフさん達はリスの個体の区別がついていて、
みんな名前もついていて、縄張りも把握しているそうです。
細か~い「シマリスあるある」みたいな話題で盛り上がったり、
スタッフさん達の溢れんばかりのリス愛に触れる事が出来ました。

興味があっていろいろと伺ったら、詳しくお話していただけたのですが、
通常は、お客様から積極的に話しかけられない限りは、
スタッフさんの方から、必要以上に話掛ける事は稀なようですので、
リス園について聞きたい方は、ぜひお話してみてくださいね。

00IMG_8759kiri.jpg
快適な空間の中で、リス達がのびのびとエサを食べます。
地面や切り株の上に置いたエサを食べにくる慎重な子もいれば...

00IMG_3032up.jpg
積極的に手に乗ってくる、元気な子もたくさんいました。

00IMG_8795ume.jpg
もらったエサはすぐに隠します。ひまわりの芽がたくさん出るそうです。

人なつこいリスが駆け寄ってくることも多く、
動物慣れしていないお客様は、ちょっと怖いと感じる方もいるようですが、
動物好きさんには、たまらない楽しさです。

00IMG_2995hima.jpg
リスたちの写真はたくさんあるので、またご紹介したいと思います。
(まだ続きます。笑。)

*1 カフェは平日はお休みです。次回の北海道行きの際には、カフェの様子もレポートしたいです。
_______________
●「dクリエイターズ」は、5/16にグランドオープンした、ドコモの雑貨系SNS。

"little shop"のページは、こちらです。
_______________
●手作り雑貨のSNS「DAN-TE」は、4月1日より
ハンズ・ギャラリーマーケット」と名を改めまして株式会社東急ハンズの運営となりました。
新しい"little shop"のページは、こちらです。
_______________
●ソーシャルマーケット Creema (クリーマ) に出品。
"little shop"のページは、こちら。 
絵本、写真集、ポーチ、スケッチ原画など。
***新作を少しずつ追加していますので、覗いてみてくださいね。
_______________

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
にほんブログ村

テーマ:北海道 - ジャンル:地域情報

  1. 2013/07/09(火) 00:14:12|
  2. シマリスの話。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オホーツク シマリス公園(北海道網走)に行ってきました(2)

6/24(月)~26(水)に北海道網走市の「オホーツク シマリス公園」に行ってきました。
日記の続きです。

6/24(月)。この日は、シマリス公園を紹介してくださった、
北海道の福祉関係の会社の社長さんが空港まで迎えにいらしてくださって。
午前中には、シマリス公園に着きました。

まずは、シマリス公園のオーナー夫人にご挨拶して少しお話したら、リス園内に。

00IMG_2942oho.jpg
リスに餌付けができます。

00IMG_2943oho.jpg
入場料400円(3歳以上。3歳以下は無料)。
その金額でも、小さなエサの袋がセットになっていますが。

500円の、大きめの買い足し用のエサには、たくさんの種類の穀物等が入っています。
栄養バランスを考えて、産地にこだわった蕎麦などの雑穀やペレット状のエサも。

*販売されている以外のエサの持ち込みは、リスの安全と栄養を考慮して禁止だそうです。

00IMG_2946oh.jpg
ひまわりの種がいちばん人気かと思いきや、稲穂が好きなリスが多かったです。
リスの好物は、年によっても傾向が違うそうで、興味深いですね。

00IMG_2952oho.jpg
とにかく、人懐っこいリスが多くて、リスとの距離が近いです。

00IMG_2938oho.jpg
リスが2匹以上集まってくることも。
気の強いリスが、他のリスを追い払ったり、リス達のいろんな様子が観察できます。

*シマリス公園さんでは、エサやりの時に、軍手の着用を推奨しています。
個人的に、リスを飼っていた時の感覚で、タイガー(秋の凶暴化)時期以外は、
手袋なしでOKかとの判断で、途中ではずしてましたが、自己責任となります。


行ったらすごく楽しいんだろうな~とは思っていましたが、想像以上です。
たくさんの可愛いリスに囲まれて、胸がいっぱいになりました。

シマリス公園のオーナーご夫妻、スタッフさんと話していると、
リス園に並々ならぬ愛情と時間を注いでいらっしゃる事が分かりました。

自然な状態に見える環境は、実は草の手入れや土の成分の調整に気を配っていて、
日々の手入れで保たれている事。

周りも自然に囲まれているだけに、猛禽類やキツネに襲われないように、
また、リスが絶対に逃げ出さないように工夫、管理している事。

お客様にも注意事項を徹底して説明し、リスが危ないと、つい声が大きくなってしまう事。

どのお話も、リスをはじめとした動物が好きな方なら、きっと共感したり、
尊敬してしまうような、貴重なエピソードでした。

愛情と適切な管理をうけているシマリス達は健康的で毛艶がよく、
のびのびと走り回っていて、シマリスの楽園のようです。

いらしたお客様が必ず笑顔になって帰ってくださる事が目標だそうで、
お子さんや動物好きさんが大喜びするのはもちろん、
来園時は、相当に不機嫌だったお客様が、
リス園を出た時には、ご機嫌になっている様子もたびたび見かけるとか。

みんなを笑顔にするシマリス公園、本当に素敵です!

(続きます。)
________________________________________

■POPBOX あべのロフト 、6月27日(木)で終了しました。ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました!
POPBOX主催の、FEWMANYのTwitterはこちらです。
_______________
●「dクリエイターズ」は、5/16にグランドオープンした、ドコモの雑貨系SNS。

"little shop"のページは、こちらです。
_______________
●手作り雑貨のSNS「DAN-TE」は、4月1日より
ハンズ・ギャラリーマーケット」と名を改めまして株式会社東急ハンズの運営となりました。
新しい"little shop"のページは、こちらです。
_______________
●ソーシャルマーケット Creema (クリーマ) に出品。
"little shop"のページは、こちら。 
絵本、写真集、ポーチ、スケッチ原画など。
***新作を少しずつ追加していますので、覗いてみてくださいね。
_______________

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
にほんブログ村

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2013/07/04(木) 23:51:12|
  2. シマリスの話。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ