イラストレーター福士悦子のブログ"little shop"blog リスなどの動物・ぬいぐるみ・キャラクター・雑貨

イラストレーター福士悦子のイラストや雑貨を紹介するブログです。動物やキャラクターのイラストのほか、"little shop"として、シマリスを中心とした動物のぬいぐるみや雑貨を個展やイベントにて発表しています。集めているリス・グッズや趣味のアートイベント・展覧会巡りなど日常のことなども。

【お知らせ】risu cafe7のFacebookページ

risu cafe7のFacebookページを作りました。
Facebookをご利用の方は、よろしければご覧くださいませ。
どんな事を載せているのか、内容を引用します。
(Facebookでご覧いただいた方は、まったく同じ文章ですが…。)


【 りすカフェとは? その1 】
りすカフェって、どんなイベントなの?というご紹介。
リス雑貨の"little shop"とお菓子作家ル・キャロッスドールが主催し、イラストレーター、デザイナー、画家、漫画家、雑貨作家など様々なジャンルのアーティストの作品が並びます。
ご活躍中の作家さんに、この展示の為に制作していただいた珍しいリス作品もあります。
コレクターさんの間でリスもので知られている作家さんの作品も、一堂に会するのは、
りすカフェならでは。

リスにちなんだ限定カフェメニューや、テイクアウト用のル・キャロッスドールさんのお菓子が並び、
会場BGMも作家によるオリジナルになります。

近年、キャラクターカフェ、コンセプトカフェが大流行していますが、それに先駆けて、沢山の作家やキャラクターとのコラボレーション展示で定評のある、高円寺「ぽたかふぇ。」さんで開催します。

リス好きさん、動物好きさん、可愛い雑貨やお菓子が好きな方や、カフェ好きさん、
アート好きさんもお見逃しなく!

【 りすカフェとは? その2 】
りすカフェの見どころのひとつは、リスをテーマにしたレコードジャケットサイズのアート作品。

かわいいリス、リアルなリス、カッコいいリス、ユニークなリス等、他では見られないアートの数々。
リスの作品で知られている作家さんの新作はもちろん、別ジャンルで人気の作家さんが、りすカフェの為に特別に制作する貴重な作品も並びます。

リスのアート作品が壁にずらりと展示された空間で、お食事やドリンクをお楽しみいただけます。
作品は、購入可能なものが多いので、お気に入りの一枚をおうちに飾ることも出来ます。

「ぽたかふぇ。」でのりすカフェでは、レコードサイズのアートは恒例なので、毎年作品を購入し、コレクションしてくださっている方も。ご自宅にリスアートのコーナーを作るのも素敵ですね。
大きすぎないけれど、見栄えの良いサイズで、お部屋を楽しく彩ってくれると思います。
ポストカードの作品もありますので、リス作品を気軽に取り入れることもできます。

【 りすカフェとは? その3 】
レコードジャケットサイズの平面作品のほかにも、いろんな種類のリスをモチーフにした作品が大集合します。

猫の作品のギャラリーや、うさぎやカエル、パンダ雑貨のお店はあっても、リスの専門店は、リス園の売店以外には、国内には無いようです。会期中は、リス雑貨が日本一集まる場所になるかも知れません。

通常、雑貨屋に行くと、ネコやクマはあってもリス雑貨は無い場合も多いです。
秋ならばが見つかる事もありますが、一軒のお店で多くても数種類という事がほとんどです。

りす好きさんとしては、全部がリスというりすカフェに来ると、「たくさんあり過ぎて選べない⁉︎」という嬉しい悲鳴になるようです。
ただリスの絵が付いている訳ではなく、リス作家さんや、各方面でプロフェショナルな作家さんが
工夫を凝らした、質の高い雑貨が並びます。
雑貨店ではメーカー製造の一般流通品が多めですし、作家物のリス雑貨が、これほど集まる場所は、
なかなかないと思います。

アイテムはポストカードや缶バッジなど、定番の雑貨から、人形は粘土や羊毛フエルト等の様々な素材、パスケース、ブックカバー、バック、アクセサリーなどの実用的な小物も、色柄豊富に揃います。
リスの漫画も毎年人気です。
年により出品内容は異なりますが、必ず新作もあるので、リピーターさんにも好評です。

年に一度のこの機会に、ぜひお気に入りを連れて帰ってくださいね。

こんな感じで、電車移動中などの空き時間に、少しずつ更新しています。
りすカフェの事を初めて知っていただく方にも分かりやすいよう、心がけています。
ブログよりは短め、Twitter等よりは長めの文章でのご紹介となっています。
スポンサーサイト
  1. 2017/10/26(木) 22:05:00|
  2. 近況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【イベント】TaipeiToyFestival2017(台北トイフェステフィバル) 無事に終了しました。

10/7~10 TTF2017 TaipeiToyFestival2017(台北トイフェステフィバル) 無事に終了しました。
ご来場いただいた皆様、応援してくださった皆様、関係の皆様、どうもありがとうございました。
IMG_4768.jpg 
イベント自体が、玩具コレクターに非常に注目されているそうです。
日本でいうと、スーパーフェスティバル、ワンダーフェステフィバルのようなイベントですが、
そういったイベントよりも個々のブースが大きめだったり、企業ブースが多めな印象です。
また客層も、日本の玩具系のイベントは、男性客が多いですが、
台北トイフェステフィバルは、若い女性客や、ファミリー層の多さも目立ちます。

年々人気も高まっているようで、初日に、早い時間から並ぶ人が例年よりも多すぎて混乱が起き、
3時間ほど開場時間が遅れてのスタートとなりました。
IMG_4651.jpg 
こちらは、お客様が入る前の状態の写真。
人出が多く、ピーク時はブースの写真を撮るのが難しいほどでした。

IMG_4682.jpg 
同じブース内の一部作家さんの人気商品を抽選販売にしたところ、イベント史上、
記録に残ると言われるほど、長蛇の列が出来たりと活気溢れていました。

立体や玩具のプロフェショナルの作家さん、イラストからフィギュアのジャンルに活動を広げて、
人気上昇中の作家さん、有名ゲームのキャラクターを生み出した作家さん等と、
チームでご一緒させていただき、とても勉強になりました。
通訳とサポートをしてくれた、台湾の女子3人にも助けられ、楽しく過ごす事が出来ました。

参加させていただいたチームTOUMA Trooper Creative Order のFacebookページはこちら

リスのソフビ人形は初なので、知名度は、まだこれからなものの、
台湾のリス好きのお客様に見ていただけました。
ご自身で飼ってらっしゃるシマリスの写真を見せてくれたり、自作のリスグッズのカードをくれた、
台湾の「リス作家」さんもいました。

防犯上、ガラスケースに作品を入れていて、ブース全体がガラスケースに囲まれた状態、
お客様とお話するには、ブースの内側から外側に出る必要があり、
ブース外側は通路も兼ねていて人通りが多い...という状況で、
なかなかゆっくりとお話できないタイミングもありました。

また、初日の混乱や、抽選販売時の混雑などもあり、せっかく周囲に魅力的なブース、
友人知人の作家さんのブースもあったのですが、落ち着いて観てまわる余裕がなかったのは、
ちょっぴり残念でした。

ステージでのライブペイントや、ブースでの色紙ライブペイント等も行いました。
 IMG_4696.jpg

書籍『ラブ♡ほお袋』も持参、基本的にはガラスケース内での販売で中が見られず、
ライブペイント時等のみ、本を直接お手に取っていただける状況だった割には、
皆さんにお買い上げいただく事が出来たのは収穫でした。

二回目のチャレンジ、ソフビを出品するのは初という事で、反省点も多々ありますが、
学んだ事を生かして、先に進みたいと思います。

台湾の動物好きさんと交流できたり、多くの方に見ていただけた事は本当に嬉しかったので、
海外でも「リス」を広めるという事は、何らかの形で続けていきたいと思います。


次のイベントは、恒例の『りすカフェ』です。
おかげさまで、今年でぽたかふぇ。さんでは6回目となります。よろしくお願いいたします。
(1回目が、AMULETさんだったので、risu cafe7という表記になっています。)

risu cafe7のFacebookページを作りました。
Facebookをご利用の方は、よろしければご覧くださいませ。
  1. 2017/10/20(金) 22:49:00|
  2. このブログについて。はじめましての方へ。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0