イラストレーター福士悦子のブログ"little shop"blog リスなどの動物・ぬいぐるみ・キャラクター・雑貨

イラストレーター福士悦子のイラストや雑貨を紹介するブログです。動物やキャラクターのイラストのほか、"little shop"として、シマリスを中心とした動物のぬいぐるみや雑貨を個展やイベントにて発表しています。集めているリス・グッズや趣味のアートイベント・展覧会巡りなど日常のことなども。

シマリスの思い出(1)2匹のシマリス。

秋になると、リスの季節だな~と思うのですが、今年は寂しくもあります。

2000年の5月から、今年の5月までの10年間、シマリスと一緒に暮らしていて、
久しぶりにシマリスのいない生活になって、数ヶ月が経ちました。

初代リスは、女の子の「コムギ」。(2000年5月~2008年3月)
コムギ1


2匹目のリスは、男の子の「コタロー」。(2005年春生まれ、11月にお迎え~2010年5月)
コタロー1



コムギは、表情や仕草は女の子らしく可愛いけど、賢くてクールなリス。
いかにも本来は野生動物だったのだな、という面もありました。

懐いていない訳ではないけど、自立していて、自分は人間よりも偉いと思っていそうな子でした。
友人や家族との間では、ウチの女王様とか、お姫さまなんて呼んだりもしましたが、
ペットというよりは、本当にそんな印象でした。

コムギが家に来てからは、すっかりリスに夢中で、途中からコタローも仲間入り。

コタローは、ちょっとドジだけど、子犬みたいに人なつっこいリス。
手乗り、肩乗りリスになって、愛嬌を振りまいてました。

「リスは構い過ぎてはいけない。」という一般論に、コムギの時は納得したのですが、
コタローは、ケージ(カゴ)の中にいても目が合うと、
たいてい遊んで欲しそうに寄ってきました。
ケージから出すと、飽きずにずっと、人にじゃれているような子でした。

数年間、コムギとコタローの2匹がいた時は、特に賑やかでした。
コムギの方が年上すぎたせいか、つがいにはならなかったものの、
コタローはコムギの事が、かなり気に入ってる様子でした。

コムギがいなくなった時は、とても悲しかったものの、
やんちゃなコタローに癒されました。

このブログでも、近況というカテゴリーに、たま~にコタローの事を書いていました。
いつか、いろいろ書いてみようかなと思っているうちに、コタローが亡くなってしまい、
落ち着いて書けるようになるまでは、、、と、リスの話はお休みしていました。

これから少しずつ、リスとの思い出を書いてみようと思います。
____________

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2010/09/27(月) 13:26:42|
  2. シマリスの話。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<明日、アコラート「屋上どようび市」。 | ホーム | グッズ販売のお知らせ。>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2010/09/27(月) 15:48:45 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://etsukofukushi.blog38.fc2.com/tb.php/102-c395f247
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)