イラストレーター福士悦子のブログ"little shop"blog リスなどの動物・ぬいぐるみ・キャラクター・雑貨

イラストレーター福士悦子のイラストや雑貨を紹介するブログです。動物やキャラクターのイラストのほか、"little shop"として、シマリスを中心とした動物のぬいぐるみや雑貨を個展やイベントにて発表しています。集めているリス・グッズや趣味のアートイベント・展覧会巡りなど日常のことなども。

『りすの本(仮)』を出します。~新人著者が出版するまでのmemo~(7)ふりだしに戻る!?

==================
"little shop"の今年の目標のひとつは、『りすの本(仮)』を出す事。
他のお仕事と並行して、本を出すための準備をしています。
とはいえ、本の企画を持ち込んでも、出版社の企画会議を通らないと、
実際には出版されません。

ブログの記事タイトルは希望と目標という事で、
「『りすの本(仮)』を出します。」としていますが、
あくまでも企画段階なので、出す事が決定した訳ではありません。
企画が通って出版出来るように、内容等について、検討している状態です。
==================
過去の記事は、こちらです。(1)(2)(3)(4)(5)(6

『りすの本(仮)』を出す事を目標に、担当の編集者さんと話し合っていて、
企画書とその他の資料と合わせて、3月後半に社内会議にかけてもらう事になりました。

今までの日記に少し書いた通り、作った企画書をいきなり会議にかけてもらうのではなく、
担当者さんと話し合い、内容を詰めたり、異なる資料も用意するなどの準備はしました。

来週頭が会議です、という前の週までに資料を提出してあり、
どうなったかな~とドキドキしながら待っていました。

しばらくお返事が来ないな~と思っていたら、1週間後くらいにメールが来ました。
結果はなんと、「今回の企画書は見送り」という事でした...。

今回は見送り、という言葉だけだと、次の機会があるようにも解釈できそうですが、
よく見ると、資料をすべて返却します、とあったり、非常に丁重な文面ながらも、
全体から、明らかに「ナシ」という雰囲気が漂っていました。
0016.jpg

11月頃から4~5ヶ月かけて練ってきた企画が、3月末の時点で没になった訳です。
「『りすの本(仮)』を出します。」という日記タイトルなのに、残念すぎます...。
本を出すまでのドタバタの顛末日記と考えれば、面白くなってきたともいえるかな?

頂いたメールには、なぜ企画がボツなのか、具体的には書いてありませんでした。
ビジネスのメールで「なぜダメなんですか?」と質問するのも、失礼な気がしますよね。
そうなると、多少の変更で可能性がある訳ではない事や、
打ち合わせ時の話から察するしかありません。

それまでの会話等からの想像になりますが、下記のような点から、
「リスの本では売れないのでは?」との疑問を持たれた可能性が高い気がしました。

・『りすの本(仮)』という事だけが共通点で、まったく異なる内容を複数提案。
書籍からカレンダー、ポストカードブックに至るまで様々な形態の企画があった事。
・リス物が売れている例などの資料も作ったものの、
「普通の人から見たら、リスが売れている、流行っているというのが分かりにくい」という指摘があった事。
・『りすの本』を置いてもらえる店、売る場所などを、沢山挙げるよう提案があった事。
(=書店で売れるかが懸念される場合、書店以外の独自の販路を求められるそうです。)

今回は企画内容にバリエーションはあったものの、あくまでも「リス」に絞っているので、
もしも「リスではいまいち」という判断だったならば、企画が通らないですよね。

かといってリス以外の企画で、本を出す事で今後の活動に繋げる、という展開も考えると、
需要があるとか、今流行っているから等の理由だけで企画するのも違う気がしました。



たまたま数ヶ月前に、お世話になっている知人から、
本の企画があるなら持ち込み先を紹介しましょうか、と言って頂いた事がありました。

そのお話を頂いた時点では、最初の出版社に相談している時だったので、
同時に持ち込む訳にはいかず、叶いませんでしたが、断られたとなれば話は別です。

1社でボツです!となってガッカリしても、すぐに次に行けるとは、
紹介してくださる方がいて、本当にありがたいですね。

(元はといえば1社目も別の方からの紹介のお蔭ですし、
担当者さんも温かく応援してくださって、本を作ろうと奮起できたのですから、
結果がボツだったとしても、こちらも有り難い話だったとも言えます。)

企画見送りとのメールをもらった、その日のうちに、
紹介の提案をしてくださっていた方に、早速メールで連絡をしました。
すぐにお返事を頂いて、いろいろと相談に乗って頂きました。

たとえばリスの本以外ならば、こういう内容ならばニーズがあるのでは等の、
貴重なアドバイスも頂いたのですが、前述のように、
できれば『りすの本』にしたい、という考えです。

ひとまず、今の企画を少しだけ手直しして、別の出版社に見てもらう事にしました。

1社からはお断りの連絡がきて、ふりだしに戻ったようですが、
数ヶ月考えたり、まとめた内容は、手元に残っているのと、
出版社さんによって反応が違うかも、というアドバイスも頂いたからです。

今までの企画をベースに「リスが流行っているという根拠」の部分を強化しました。

今年で12年目となるリス雑貨の活動を続けていて、
周囲にもリス好きの友人知人、お客様も増えてきた環境では、
10数年前に比べると、今は「リスが流行ってきている」というのが共通の認識です。

ただ、動物や動物雑貨等に関心が無い人から見れば、
流行っているという印象を持ちにくいのでは?という事を、
企画の持ち込み中に何度か実感しました。

それで、最初の企画よりも更に調べて、具体的な数字や新しい情報も盛り込みました。

プラスして、企画内容も少し新しい物を入れたのと、
提出した企画に限らず、柔軟に対応しようと、改めて決心しました。

あとは、最初の出版社さんは、ゼロの状態からのスタートだったのと、
担当者さんと直接の打ち合わせが多かった事もあり、
最終的には企画書や資料が膨大になっていたのを、いったん絞る事にしました。

今は紹介者経由で、2社目の出版社さんにメールで企画を提出した状態です。
どうなることやら...。
0022.jpg

今相談に乗っていただいてる方いわく、いろいろと当たってみれば、
どこかの出版社で本を出すことは出来るのでは、との事ですので、
気長に頑張りたいと思います。

また続きを日記でお知らせしたいと思います。

*「リスの輸入頭数」などのデータは調べたら多少あったのですが、
「リス好きな人の数」というデータは見つからないので、今調べています。

本の読者層としては、リスを飼っている・飼っていた人に限らず、
本物でも雑貨や写真のリスでも、とにかく「リス好きさん」が対象と考えているからです。
動物好きさんも対象とは考えてますが、データとして調べるには、ざっくりしすぎなので。

情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、ご協力を宜しくお願いいたします。
リス好きさんからのコメント、メッセージなども大歓迎です♪
_______________
Instagram インスタグラムでも、リスのイラスト等を公開しはじめました。
fukushi__risuで登録しています。
Instagram を利用されている方は、こちらも覗いてみてくださいね。
_______________
第43回「にじいろ市」に参加します。
日時: 5月2日(土) 11:00~16:00  
(雨天決行:屋根つきの会場なので、雨でも傘をささずに楽しんでいただけます)
場所: 「Gallery&Cafe FIND」外ガレージ
住所: 東京都北区上十条2-9-1 (埼京線 十条駅から徒歩5分)
_______________
リスのLINEスタンプ、発売されました。「ハッピーなリスくんとリスちゃんのスタンプ
詳しい情報は、こちらの日記に。
_______________
●ソーシャルマーケット Creema (クリーマ) に出品。
"little shop"のページは、こちら。 
絵本、写真集、ポーチ、スケッチ原画など。
_______________
●「dクリエイターズ」は、5/16にグランドオープンした、ドコモの雑貨系SNS。

"little shop"のページは、こちらです。
_______________
●手作り雑貨のSNS ハンズ・ギャラリーマーケット
"little shop"のページは、こちらです。
_______________
ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
にほんブログ村     
スポンサーサイト
  1. 2015/04/15(水) 23:49:31|
  2. 『りすの本(仮)』を出します。~新人著者が出版するまでのmemo~
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【映画】『小さな世界はワンダーランド』の試写会に、行ってきました。 | ホーム | 【掲載情報】『うさぎの時間 no.15』にウサギぬいぐるみ等、掲載。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://etsukofukushi.blog38.fc2.com/tb.php/640-8d1b13cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)